ノア値引きの交渉テクニックを徹底解説

ノア値引き最新情報

ノアの値引きは、その時その時の状況に応じて値引き相場が変化してきます。最初は現在の値引き相場を確認しましょう。

 

ノア車体値引き限界額 ノアオプション値引き率
28万円 10~15%

合計限界値引き額→33万円

 

このサイトでは、ノアを最大限値引きし、トータルで50万円程度のコストカットをする方法を解説しています。少し長いですが、ぜひご一読ください。

ディーラー下取りは平均30万円安い!

事前の一括査定で愛車の買取相場調査は必須

おすすめの一括査定はコチラ

 

目次

ノア値引きの準備をする

 

ノアを買う時に、今乗っている愛車をディーラー下取りに出そうと考えている人は多いはずです。そのとき、愛車の買取相場はご存知ですか?「どうせ大した金額にはならない」と考えていませんか?

 

実は、愛車の買取相場を知らないで来店するお客さんのことを、営業マンは「カモがネギを背負ってやってきた」と思っています。なぜなら、ちょっと一言かけるだけで、かんたんに契約してくれる「チョロイ客」だからです。

 

よくあるケースを紹介します。

 

 

もうノアは値引きは難しいです…。でも、下取り価格の20万円アップは可能です!40万円で買取ることができますよ!


 

「下取りはどうせ高くならない」と考えていれば、こういわれたら大喜びで契約してしまうでしょう。しかし、帰宅してから、何の気なしに愛車の買取相場を調べて驚愕!なんと、100万円で売却できることが判明するのです。

 

 

このままだと、60万円も大損することになります。しかし、もう遅いのです。いったん注文書にサインをすると、下取りナシへの変更は契約破棄となります。

 

最悪のケースだと、賠償金を払うハメになってしまうのです。

 

このように、愛車の買取相場を知らず、安易にディーラー下取りに出そうとすると、ノアの値引き交渉の土俵に立てないばかりか、数十万円からの大損をすることがあるのです。

 

逆に、今乗っている車の買取相場をしっかり把握していれば、

 

 

下取りアップはいいけど、まだまだ相場より安いね。それだけ余力があるなら、オプション値引きしてよ。


 

こんな切り返しも可能となり、ノア値引きの交渉を有利に進められるようになるのです。

 

「下取りナシだと、値引きできないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

 

これは確かにその可能性もあります。

 

なので、まずは下取りアリでノアの値引き交渉を進めてください。そして、交渉が煮詰まってきたら、

 

「ノアの値引きを頑張ってくれたので、やっぱり愛車は友だちに譲ります」

 

などといって、下取りを引き上げればOKです。

 

まだ契約前なので、下取りアリをナシにするのは自由ですし、営業マンも文句は言いません。

 

愛車の買取額を最大限にアップするには?

愛車の買取相場のリサーチは簡単です。オンライン一括査定をうければOKです。パソコンやスマホからすぐに査定できますし、複数の中古車買取店から一括査定がうけられます。

 

中古車買取店は全国だけでなく、海外にも販売ルートをもっています。特に、今海外では日本車が人気なので、驚くような高値がつきます。そのため、ディーラー下取りよりもずっと高値で買取することができます。

 

 

オンライン一括査定では、参加業者は仮査定を出す決まりになっているので、最大限高い価格を提示してきます。そうしないと、他の業者に車を取られてしまうからです。中古車買取店は車を買い取ることが仕事ですから、必死に高値をつけてきます。そうして、オークション状態になり、どんどん価格がつりあがっていくのです。

一括査定サービスはいろいろあるのですが、その中でも「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。

 

 

 

↑は一例ですが、査定を実行するとその場ですぐに愛車の暫定買取価格が表示されます。あとは、その金額をメモしておいて、ノア値引き交渉に利用すればOKです。

 

公式サイトで「下取り」VS「一括査定」の査定額比較の実例も見られるので、一度チェックしてみてください。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
 http://a-satei.com/

 

1分程度で査定完了するので、とても簡単です。

 

その他のインターネット一括査定サービス

さらに買取金額を上昇させたいときは、その他の一括査定も利用してみましょう。するともっと多くの業者から一括査定を受けることになるので、愛車の買取金額が上がる可能性がアップします。

 

カーセンサー

車情報誌で有名な「カーセンサー」の一括査定サービスです。リクルート運営なので安心感がありますし、一括査定業者数も最大30社なので高額査定が出やすいです。若干記入項目は多いですが、それでも数分で完了します。

 

公式サイトはこちら
 http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

各地域に根差した業者や、マニアックな車種に強い業者などが多数参加している一括査定サイトです。郊外に住んでいる人におすすめです。最大査定業者数も10社となるので、高額査定も出やすいです。

 

公式サイトはこちら
 http://www.zba.jp/

 

>目次に戻る<

 

ノアならではの値引き交渉術を知る

ノアは国産ミニバンの中では最も売れている大人気車種です。ミニバンの中ではいち早くハイブリッドを取り入れ、既存のファン以外にもエコに関心の高いドライバーの獲得に成功しました。月間1万台以上売上ており、トヨタの看板だと言っても過言ではありません。大人気車種なだけにノアの値引きは渋く、うまく値引き交渉を進めたとしても、23万円程度の値引きが限界となっている現状です。何もしないでいれば10万程度の値引きでストップしてしまうこともざらなので、しっかり値引きを行うにはきちんと交渉を進めていくことが必須です。

 

ノアはトヨタの車なので、トヨタ車独自の交渉術を有効に活用することが大切です。トヨタ車に関してはなんといってもトヨタ車同士の競合が非常に効果が高いのです。

 

ノアはカローラ専売だし、競合なんてできないんじゃないの?と思われる方も多いようですが、実はそんなことは無いのです。「トヨタカローラ○○」の○○が1文字でも違えば別資本となるのです。例としては「トヨタカローラ大阪」と「トヨタカローラ新大阪」は別資本ですので、競合させれば客の奪い合いとなります。

 

そして、ノアにはヴォクシーという姉妹車が存在します。ヴォクシーとノアは価格や機能がとても良く似ています、ネッツ専売ですので、ノアとは扱っているディーラーが違います。ですから、ノアとヴォクシーを競合させるのは、値下げ交渉をするにあたって効果が高いのです。

 

ノアの値引きを行う際に、もっとも基本的な方法はノア同士による競合です。そこへヴォクシーとの相見積もりを上手く使っていくことで、より大きな値引きを獲得することができるのです。

 

>目次に戻る<

 

ノア値引き商談は3回で済ませる!

愛車の買取相場がわかって、ノアの値引き交渉テクニックも頭に入ったら、あとは実際に商談を行います。

 

しかし、ノアの値引き交渉は何回もすればいいわけではありません。1回目で値引き額が最大になることはありませんが、何度もしつこく商談したからといって値引き額が増えていくわけでもないのです。

 

大切なのは、3回の交渉でばっちり決めることです。

 

ここでは、初回~3回目までの交渉方法を解説します。

初回交渉

ノア値引きの初回交渉は「顔合わせ」となります。ここで激しく商談をするのはおすすめしません。いきなり強く出てくるお客さんは、セールスマンからすると「面倒な客」となり、値引きが渋くなります。

 

なので、はじめは見積もり依頼だけで十分です。実際にお店にいって話をしてもいいのですが、見積もり依頼は本命ディーラーだけでなく、対抗ディーラー、さらにはライバルのディーラーにも行うことになるので、1軒1軒回ると丸1日~2日かかります。

 

もしディーラーに行くのが面倒であれば、「オートックワン」などのネット見積もり依頼サイトを使えば自宅ですぐにできるので手軽です。ネット見積もりをすると、全国の新車ディーラーからオンライン見積りが取れます。この時点でそれなりに値引きされていることが多いので、2回目交渉に活用すればOKです。

 

とにかく、ここで重要なのはノアの見積もり依頼をすることです。お客さんからわざわざ見積もりを頼むということは、営業マンからも「ホットな客」と認識されます。直接ディーラーに行ってもいいし、ネット見積もりでもいいので、とにかくノアの見積もりを取ることから始めましょう。

 

ネット見積もりができる「オートックワン」の公式サイトはこちら
http://autoc-one.jp/

 

2回目交渉

ノアやライバル車の見積書を取ったら、今度は初回とは違い本気で交渉していきます。

 

見積書を取った後、ちゃんとお店に来てくれるお客さんはディーラーにとっても「熱い客」なので、きちんと話を聞いてくれます。

 

そこで、ここでは以下のことを行います。

 

  1. 対抗ディーラーの見積書をチラつかせてプレッシャーをかける
  2. 対抗ディーラーの見積書は見せないようにする
  3. ノアのオプション値引きもとっていく
  4. 時間をかけて話し合い、限界までノアの値引きを煮詰める
  5. 契約はしないで帰宅する

 

対抗ディーラーの見積書を用意しておき、「あの店だとノアが値引きされるんだよな」なんてことを言って圧力をかけると、営業マンはノアの値引き額を増やしてくる傾向があります。

 

ここでポイントなのは、他のディーラーの見積書は見せないことです。もし軽はずみに見せてしまうと、その値引き額が基準となってしまい、限界値引きが引き出しにくくなります。なので、見せてと言われても「そのディーラーに迷惑をかけるから」と言って断ってください。手元にあるという事実があるので、十分圧力がかけられます。

 

ただ、どうしてもノアの値引きがうまく引き出せないときは、あえて見せるのも手です。その場合は絶対に他店に迷惑をかけないことを約束させたうえで見せましょう。そうすると、その額が基準にはなってしまいますが、値引き上乗せの可能性はアップします。

 

なお、手元に見積書がないのに圧力をかけると、営業マンはあっさり見破ります。そして「この人は嘘つきだ」と認識されて交渉は破綻します。絶対に、他店の見積書もしっかり取るようにしてください。

 

また、ノアのオプション値引きもしっかり獲得しましょう。「予算が苦しくて」なんて話をすれば、10~15%程度のオプション値引きはすぐに取れます。

 

この時点でセールスマンは「すぐノアを契約してください!」と行ってきますが、ここはグッと我慢して「嫁と話してから決める」なんてことを言って帰ってください。

 

3回目交渉

これが最後、3回目の交渉です。3回目だと営業マンも「今日こそはさすがに契約する」と思っているので、かなり条件が通りやすくなります。

 

ノアの値引き増額はもちろん、諸費用カットなども積極的にしかけていきましょう。当然、決めていたノアの予算を達成したら、すぐに契約しましょう。欲張って交渉を引き延ばすと、営業マンは一気に冷めてしまいます。

 

ノアの商談に効果があるおすすめの交渉術をいくつか紹介します。いいタイミングで使ってみてください。

 

ハンコを机において、「ノアをあと●万円値引いてくれるなら、この場ですぐ契約する!」と言う。
「奥さんがヴォクシーのほうがいいと言っている。どうにかしてくれ」と言う泣き落とし作戦。
契約寸前で「●●(オプション)が欲しいのを忘れてた。予算が足りないなぁ」と言って、土壇場でオプションをおまけしてもらう。

 

>目次に戻る<

 

ノア値引きのまとめ

今乗っているクルマの買取価格を調べる

今乗っているクルマの買取相場をわからないでいると、ノアの値引き交渉はうまくいきません。

 

一括査定サービスを利用して、愛車の買取相場は確実に調べておきましょう。

 

おすすめの一括査定サービスはこちら
>>http://a-satei.com/

 

ノアの値引き交渉術を押さえよう

ノアはトヨタの車です。トヨタ車は別資本のディーラー同士の相見積もりが基本。ノアの場合は別資本のカローラ同士をぶつけるのがよいでしょう。

 

さらに、ヴォクシーとの相見積もりも併用すれば、ノアの値引き額はどんどん増やすことができます。

 

 

交渉は3回で決める

ノアの値引き交渉はしつこくやっても逆効果。3回でばっちり決めるのがポイントです。

 

もし3回目にうまくいかなかったら、すぐに切り替えることも重要。別のディーラーで改めてノアの商談を進めるようにしましょう。そうすれば、いずれは満足いくコストカットができるはずです。

 

ノアの値引きは、郊外よりも都心部の方が大きくなりやすいです。なので、失敗するようなら都心部のディーラーを狙ってみましょう。

 

初回交渉の「見積りを取りに行く作業」を時短したい場合は、新車ディーラーからオンラインで無料見積り依頼ができるサイトを使うといいでしょう。

 

おすすめの無料見積もり依頼サイトはこちら
http://autoc-one.jp/

 

これらのポイントを押さえてノアの交渉すれば、今乗っているクルマの売却で20~30万円、ノアの値引きで20~25万円のコストカットができるので、トータル50万円程度安くノアを買うことができるでしょう。

 

>目次に戻る<

 

ノア値引きの基本知識

 

一番最初に理解しておいていただきたいことは、「ノアの車両本体値引き」と「オプション・付属品値引き」は全くの別の物だということです。ノアの場合は「車両本体値引き」は23万円程度が限度になり、オプション・付属品については15%値引きできれば合格ラインです。

 

ノアの値引きを調査していると、「50万円値引き達成!」等という情報を見かけることもあることでしょう。ですが、それはオプションを100万円以上付けたからこそ、達成できた数字なのです。そのような情報に左右されてしまえば、「自分もノアを50万円値引きしよう!」と勘違いしてしまい、到底達成できない無茶な値引き金額を目標に交渉を重ねて、無駄に時間を浪費してしまうことになるのです。

 

営業マンも同じ人間ですので、あまりにも非常識な値引きを要求するお客さんを相手にしていては、やる気をなくしてしまいます。ですが、適切で明確なノアの値引き目標金額をわかっているお客さんが相手なら、「こちらもきちんと対応しなければ」と思い、双方にとって望ましい金額へと歩み寄りを行うことができるのです。

 

>目次に戻る<

 

ノアの値引き目標を設定する

ノアはミニバンの一つなので、車体価格はなかなか高めです。ノアはモデルチェンジから時間が経っているので値引き相場としては甘くなってきてはいますが、車体価格からの比率でみると10%引き以下なので、まだまだ渋い車種と言えるでしょう。

 

ノアの値引き金額を計画する

交渉の前にしておきたいのは、ノアの値引き目標をしっかりと計画することです。下記の目標一覧をご覧ください。

 

値引き金額 難易度 備考
10~15万円 ★★ 素人レベル
15~20万円 ★★★ 一般人レベル
20~25万円 ★★★★ 目標のレベル
25~30万円 ★★★★★ 達人レベル

 

ノアの値引きは、上級者であれば↑の表の達人レベルも達成可能です。しかし、これは豊富な知識や高い交渉テクニックがあればこそ。ここは無理をせず、「目標レベル」の金額を狙っていったほうがいいです。

 

このページを読んでノアの値引きテクニックをしっかりと押さえれば、確実に目標レベルの達成は可能です。

 

もし仮に達人レベルを狙ったとしても、上乗せできる金額は5万円程度。そのためにはかなりの時間もかかってくるので、バランスの良い目標レベルを狙う方が無難です。また、あらかじめ目標値を持っておくことで、営業マンにとっても落としどころがわかりやすくなるので、円滑に交渉が進むというメリットもあります。

 

ノア値引きの平均値は?

 

ノアに限らず、どんな車種でも、8割の人が値引きに失敗してしまうと言われています。また、まったく交渉せず、定価でノアを買っていくお客さんもいるので、ノア値引きの平均金額は限界金額の半分以下になると考えられます。仮にノア値引きの限界額が30万円としたら、15万円くらいになるわけです。

 

だからといって、「じゃあ平均額の15万円でいいや」と考えるのは危ないです。ノアの平均額値引きは大した交渉テクニックがなくても達成できるので、平均値については気にせず、しっかりと交渉をして目標に設定した金額を達成することを目指すべきです。

 

>目次に戻る<

 

ノアのオプション値引きを狙う方法

ひと口に「ノアの値引き」と言っても、「車体値引き」と「オプション値引き」の2種類があります。よく取沙汰されるのはノアの車体値引きのほうなので、意外とノアのオプション値引きについてはやり方が分からないという人もいるでしょう。

 

ここでは、ノアのオプション値引きをどうやって取っていくのかを解説します。

 

交渉の流れを意識してオプション値引きを取る

 

一般的に、オプションを追加すればするほどオプション値引き金額も大きくなります。それはノアも同じですが、値引き金額だけを上げようとして必要のないオプションを大量に付けてしまうと、結局支払金額は増えてしまうので、まったく意味がありません。自分にとって必要なオプションだけを付けて、そこからしっかりと割り引いてもらうのが大切です。

 

そうするためには、まずノアの車体価格のほうをしっかり割り引いてもらって、それからオプションの話を持ち出すのがよいでしょう。

 

「車体価格とオプションを同時に交渉していく」というイメージを持っている人が多いようです。しかし、もし同時進行していくと、営業マンの「もっとオプションを付けてくれれば、その分割り引きします」という言葉に乗せられてしまい、不要なオプションが増えてしまうリスクがあります。交渉の達人なら同時進行も可能ですが、慣れていないと失敗しがちです。

 

そのため、交渉テクニックに不安があるなら「車体」と「オプション」は別物として交渉していきましょう。具体的には、まずしっかりとノアの車体値引きを引き出しておき、満足したら改めてオプションの話に移ると言った具合です。そうすれば、交渉がごちゃごちゃにならず、1つ1つしっかりと譲歩を引き出していくことができます。

 

無料サービスのオプションを決めておこう

 

ノアの場合、オプション値引きはオプション総額の2割引きで合格となります。仮に40万円分オプションを付けるなら、8万円引きできれば合格ということです。

 

しかし、オプション値引きは「総額から2割引き」といった仕組みではありません。追加したオプションの中から、1~2つを「無料サービス」という形になります。なので、オプションが総額40万円だったとして、フロアマットがサービスになってしまうと、3万円引き程度におさまってしまい、失敗となってしまうのです。

 

そのため、選んだオプションの中から、どのオプションを無料サービスにするかは作戦を考えておかないといけません。

 

コーティング無料サービスが便利

 

ノアを購入する際、誰でも追加するオプションは↓の表のようになるはずです。

 

  1. フロアマット
  2. サイドバイザー(雨よけ)
  3. ETC
  4. コーティング
  5. ナビ

 

これでだいたい総額40万円です。ここにさらに好みで追加するかもしれませんが、基本的にはこのあたりの金額に落ち着くでしょう。

 

このラインナップで、例えばフロアマットが無料サービスとなってしまうと、3万円程度しか引かれません。これでは合格ラインには達せず、失敗となってしまいます。なので、このラインナップで無料サービスを狙うなら「コーティング(約8万円)」がいいでしょう。そうすれば2割引きが達成できます。

 

コーティングは高いしいらない、と言う人もいるでしょう。ですが、ディーラーのコーティングは5年保証が付きますし、光沢が維持できるのでノアを売るときの査定アップにつながる効果もあります。そういった意味では、8万円払ってでも頼む価値はあるのです。

 

ノアのオプション値引きの具体的な方法

 

初回見積りは「オプションなし」でもらう

 

はじめに、初回見積りは「オプションなし」の状態でもらうようにしてください。普通、黙っていると営業マンのおすすめオプションが付いた状態で見積書が出てきますが、ここではあえてオプションなしにしてもらいます。

 

車体値引きを獲得する

 

オプションなしの見積もりをベースに、ノアの車体値引き交渉を進めます。方法については、「ノア同士競合」「ヴォクシー競合」「ライバル競合」など、すでに紹介した方法でOK。ひとまずノアの車体価格のほうを、満足行くまで値引きしてください。

 

なお、「オプションが付いていないと交渉できない」と言われることがありますが、これは気にしなくてOK。オプションはディーラーの売上になるので、「このまま付けてくれなかったら困る」と考えて言ってるだけです。良心的なディーラーなら、こちらが「オプションがあるとややこしいので、まずは車体価格を煮詰めたい」と言えば理解してくれます。それでゴネてくるようならノアの車体値引きも期待できないので、別のディーラーに移ったほうがいいでしょう。

 

オプションを付けていく

 

ノアの車体値引きが希望額に達したら、やっとオプションを付けていきます。ここでは、無料サービスを狙っているオプション以外のオプションを追加してください。例えば「コーティング」のサービスを狙っているなら、コーティング以外の欲しいオプションを追加します。

 

すると、たいていの場合「コーティングはいりませんか」と聞いてくるので、「あ、確かにコーティングは欲しいね。でも予算超えちゃうな…」と言って困ったフリをします。営業マンとしては、ここまで来て契約を白紙にしたくないので、無料サービスの流れになるはずです。

 

また、相手が聴いてこなかったとしても、「あ、そういえばコーティングも欲しいんだった!」と言って同じ流れに持ち込めばOKです。

 

とにかく、ノアのオプション値引きは契約寸前に狙うのが定石。契約ナシにしたくない営業マンの心理を突いてください。

 

オプションを2つ無料サービスにしたいときは

 

欲しいオプションのラインナップによっては、2つ無料サービスにしないと目標金額が達成できないこともあるでしょう。そんなときは、まず1つ、オプション追加のタイミングで無料にしてもらいます。オプションの無料サービスはそれほど難しくはないので、1つくらいなら頼めばサービスしてくれることが多いです。

 

あとは、契約寸前に残りの1つを追加し、無料サービスにすればいいのです。

 

>目次に戻る<

 

ノアハイブリッドの値引き戦術はあるの?

 

ノアにはハイブリッドモデルも存在しています。しかし、ガソリン車に比べて価格が高いので、可能な限り値引きして安くしたいと思うはず。

 

不安の一つに「ノアはハイブリッドの方が値引きしにくいのでは?」というものがあるはずです。

 

ノアガソリン車

ノアハイブリッド車

約50%

約50%

 

↑はノアのガソリン車とハイブリッド車のシェアですが、だいたい50%ずつとなっています。トヨタのハイブリッドシステムは有名なので、ノアもハイブリッドの方が売れている印象があります。ですが、ガソリン車の方が安いので、実はガソリン車を選ぶ人もかなり多いのです。

 

ハイブリッドの方が売れているならまだしも、シェアは同じくらいなので、ノアのハイブリッドの方が値引きしにくいということはありません。したがって、ノアのハイブリッドを欲しいからといって値引き交渉の方法を変える必要はありません。

 

それでは、具体的なノアのハイブリッド値引き交渉術について説明します。

 

ノア同士競合/ヴォクシー競合

 

ノアの値引き術の基本は「ノア同士競合」と「ヴォクシー競合」となります。価格帯や性能が同じなので、単純な価格競争に持ち込むことができます。

 

ただ、この際注意したいのは「グレードを合わせる」ということです。ノアのハイブリッドを値引きしたいなら、競合相手もノア/ヴォクシーのハイブリッドでないと価格が合わず、価格競争に持ち込めません。

 

なので、あらかじめしっかりと欲しいグレードを選んでおき、同じグレードを競合させることを心がけてください。

 

ライバル車競合

 

ノアハイブリッドとライバル車競合をする場合は注意が必要です。というのも、有力なライバルの「セレナ」と「ステップワゴン」は両方ともハイブリッドがありません。なので、価格帯を合わせることが難しいのです。

 

どうしてもライバル競合したい場合は、ノアハイブリッドの廉価グレードと、セレナやステップワゴンの上級グレードを合わせていきましょう。例えばセレナはプロパイロット搭載車の場合車体価格がグッとアップするので、ノアのハイブリッドと価格帯は合います。

 

とはいえ、ハイブリッドとガソリン車の競合は理由付けが大変です。普通、「セレナが欲しい」と言えば「セレナはハイブリッドじゃないですけど、なぜですか?」と聞かれてしまうでしょう。そこでしっかりと理由を話せるようでないと競合は難しいです。

 

なので、結論としては、ノアのハイブリッドを値引きしたいときは、「ノア/ヴォクシー競合」の1本に絞ったほうが話は進めやすいでしょう。

 

>目次に戻る<

 

ノアの各グレードならではの値引き戦術を紹介

 

ノアの欲しいグレードが決まっている場合、より具体的な値引き交渉を計画をすることができます。

 

ここでは、グレードごとに有効な戦術を紹介します。
(X"Vパッケージ"については、装備も貧弱ですし、選ぶ人も少ないので割愛します)

 

Siの交渉戦略

ノアの「Si」については、ノアの標準グレードの中で唯一「エアロ」が搭載されたグレードとなります。つまり、「エアロは付けておきたい」と考えていることになります。そうなると、営業マンとしては「この人は見た目重視なんだな」理解します。そのため、戦術としては

 

  1. ノアの「Si」同士の競合
  2. ヴォクシーの「ZS」や特別仕様車との競合
  3. セレナハイウェイスターとの競合
  4. ステップワゴンスパーダとの競合

 

のどれかがおすすめです。いずれもエアロ仕様の車種となっており、「見た目重視」の競合として相性がいいです。逆に、上記以外のグレード、例えば標準のステップワゴンなどはエアロが搭載されていないので、「見た目重視」の戦術がブレてしまうのでおすすめできません。

 

まずノアの「Si」同士ですが、こちらは話はかんたんで、単なる「価格競争」になります。なので難易度としては一番低いです。

 

次にヴォクシー「ZS」などのエアログレードとの競合ですが、ヴォクシーは「見た目」が非常に人気の車なので、「なぜわざわざノアを選ぶのか」と思われてしまいがちです。なので、「ノアのSiの見た目も好きなんです」としっかりアピールする必要はあります。ただ、価格帯はほとんど同じなので、うまく説得できれば効果は高いです。

 

あとはセレナやステップワゴンですが、こちらはノア「Si」のガソリン車が相手なら効果はあります。価格帯が似るので、あとは「どっちも見た目が好きだから、あとは安い方を選ぶ」といった戦術が取れます。一方、ノアの「ハイブリッドSi」の場合は価格帯が合わないので推奨できません。

 

まとめると、ノアのガソリン車「Si」の場合、ノア同士やヴォクシー、セレナハイウェイスター、ステップワゴンスパーダなどいろいろな選択肢がありますが、ハイブリッドSiの場合はノア同士競合やヴォクシー競合に絞ったほうがいいでしょう。

 

Gの交渉戦略

ノアの「G」は装備重視のグレードで、エアロが付いておらず、大人しい見た目となります。なので、営業マンからすると「見た目は気にせず、装備を重視しているんだな」と映ります。なので、戦術としては

 

  1. ノア「G」同士の競合
  2. ヴォクシー「V」との競合
  3. セレナの上級グレードとの競合
  4. ステップワゴンの上級グレードとの競合

 

このあたりとなるでしょう。いずれも装備重視のグレードとなっていて、競合相手として適しています。この場合、エアログレードとぶつけてしまうと戦術にブレが出てきます。

 

戦術としては「Si」の場合と同じく、価格帯の絡みがあるので「Si」のガソリン車の場合ノア/ヴォクシーやライバル車、ハイブリッドの場合はノア/ヴォクシーに絞った競合がよいでしょう。

 

ただ、注意したいのは「ヴォクシー」との競合です。ヴォクシーはもともと見た目重視の車で、エアログレードがシェア全体の8割となるほどエアロが人気です。そのため、エアロなしのヴォクシーを選ぶというのは珍しいことなのです。そうなると、「ノアを安くしたいからヴォクシーを持ち出しているだけなのでは?」と思われる恐れがあります。

 

なので、ノアのGグレードとヴォクシーを競合する場合は、競合させるだけの理由が必要です。例えば「ヴォクシーのエアロなしの見た目が好きなんだ」などの理由です。そういった説得に自信がない場合は、ヴォクシーとの競合を避け、ノア同士一本にするか、せいぜいライバル車を絡める程度にしたほうがいいでしょう。

 

Xの交渉戦略

ノアの「X」は廉価グレードとなり、装備としてはやや貧弱で、エアロも付いていません。なので、コンセプトとしてはひたすら「価格重視」となります。「とにかく安く買いたい」というアピールが有効です。

 

  1. ノア「X」同士競合
  2. ヴォクシー「X」との競合
  3. セレナの廉価グレードとの競合
  4. ステップワゴンの廉価グレードとの競合

 

戦術としてはこのあたりとなるでしょう。

 

ノアの「X」は安いグレードなので、コスト重視の雰囲気を前面に出してみましょう。なので、ヴォクシーの「X」やセレナ・ステップワゴンの廉価グレードとも競合させて、「とにかく安い所で買う」とアピールしていきます。外見や装備などの理由付けはとくに必要なく、ただ価格競争に持ち込んだほうが営業マンも納得してくれるでしょう。

 

>目次に戻る<

 

ノアの特別仕様車の値引き術はある?

 

ノアには標準グレード以外に「特別仕様車」が用意されています。価格が安いわりにエクステリア・インテリアが豪華だったりと、お得なグレードとなるため高い人気を誇っています。ただし、ノアの特別仕様車は一般グレードに比べて値引き難易度は高くなっています。

 

なぜかというと、ノアの特別仕様車が欲しいということは、他の車と迷っていないということだからです。特別仕様車を希望すると、営業マンは「あまり他の車とで悩んでいないな」と判断します。「どうしても欲しい」と言うお客さんに対して、価格を安くする営業マンはいません。

 

また、ノアの特別仕様車は人気が高いので、わざわざ値引きするまでもないという側面もあります。黙っていても売れるのですから、営業マンとしては譲歩する理由がないのです。

 

従って、ノアの特別仕様車を値引きしたいなら、「ノア特別仕様車同士」の競合がおすすめです。これなら単なる価格競争に持ち込めるので、「特別仕様車しか欲しくない」としても不自然ではありません。

 

また、しっかりと説明できるなら、ヴォクシーの特別仕様車との競合も可能です。ヴォクシーの特別仕様車はノア以上に人気があり、ほとんどの人が特別仕様車を選んでいるという背景があります。なので、ノアとヴォクシーの特別仕様車で悩んでいるというのは違和感はありません。ただ、「どっちも見た目が好きなので…」などの理由はしっかりと用意する必要があります。

 

いずれにしても、ノアの特別仕様車狙いはやや難易度は高め。他の車種と絡めると交渉がこじれやすいので、それであれば初めから「ノア同士」1本に絞ってシンプルに交渉していったほうがいいでしょう。「一番安いところで買う」という姿勢を出していけば、その分話も進めやすいです。

 

>目次に戻る<

 

ノアの展示車を値引きで安くする方法はある?

 

展示車は店内に置いてある状態の車のことです。お客さんが自由に乗ったりできるので、その分痛みがあり、安く購入できると聞いたことがある人もいるでしょう。

 

実際、たまたまノアの展示車が安く買えたというケースもあります。しかし、展示車狙いは運しだいの側面があるほか、以下の問題があります。

 

グレードやボディ色などが合わない

展示車は完成品となるので、グレードやボディ色があらかじめ固定となっており、変更できません。そのため、「展示車なら安く提供できます」と言われたとしても、自分の希望通りのノアであるとは限らないのです。いくら安かったとしても、条件の合わないノアを購入するのはおすすめできません。

 

納車される車と展示車は管理が別

最近は、納車する車と展示車を別々に管理している販売会社が増えてきています。つまり、営業マンには展示車を提供する権限がないことが多いのです。なので、せっかく希望に合ったノア展示車を見つけて、「あのノアの展示車を安く購入できない?」と聞いたところで、「私には決められません」と言われて終わってしまうのです。

 

新車登録済みの展示車もある

最近増えているのが、新車登録済みの展示車です。ディーラー名義で新車登録をすると、そのディーラーの販売実績になるわけです。つまり、売り上げがイマイチのディーラーの場合、展示車が新車登録されている恐れがあります。

 

新車登録済みの車を購入すると1オーナー状態となるので、売却するときに若干損をするかもしれません。

 

 

 

以上の理由から、ノアの展示車狙いはデメリットも多いです。展示車を探すために多大な労力が必要になるほか、せっかく見つけた展示車も新車登録済みというケースもあります。それでいて値引きできる金額はそれほど大きくはないので、ハイリスクローリターンなのです。

 

勝手に展示車が納車される!?

 

注意したいのが、展示車を狙っていたわけではないのに、納車されたノアが展示車だったというケースです。すでに書いたように納車される車と展示車の管理を分けている販売会社が増えてきたので、営業マンが納車される車の状態を把握していないことがあるのです。

 

なので、展示車を納車されたくないなら、「展示車NG」をしっかり指示しておかないといけません。注文書に「展示車NG」と一筆入れさせるのはもちろん、ノアの納車の際にシートビニールを付けたままにさせるなどの対応をしてください。そこまですれば、「それでも展示車を納車しよう」などとは考えないでしょう。

 

>目次に戻る<

 

決算期はノアの値引きがしやすい?時期別に解説

 

ノアの値引きについては「決算期がねらい目」なんて言われることがあります。確かにそういう場面もありますが、実は1年を通してそれほど有利・不利はありません。

 

重要なのは、その期間ごとに最適の交渉術を覚えておくことです。そうすれば、どんな期間であってもノアの限界値引きは獲得できます。

 

ここでは、1年の各期間ごとに、どんなノアの値引き交渉をしていけばいいのかを解説します。

 

まずは、各月ごとの注意点をご覧ください。

 

特徴 行動
1月(初売り) 決算期に入り、初売りからお客さんが激増する。 決算狙いに最適。客数が多いので、自分の印象をどう残すかがカギ。
2月(決算前月) 1月に引き続き高い稼働。 決算狙いが可能だが、時間が足りないので短期決戦に持ち込む。
3月(決算) 決算を迎えて稼働がピークに。 決算狙いは間に合わない。4月以降の契約を目指して動く。
4月(決算直後) 決算直後で稼働が激減。 客が少ないので印象を残しやすい。6月は四半期決算なので、交渉次第では限界値引きも可能。
5月(GW) GWなどもあり、稼働が少ない。 4月に引き続き印象を残しやすい。6月や夏商戦狙いが可能。
6月(第一四半期決算) ディーラーが第一四半期の実績確保に動く。 四半期決算狙いは間に合わないので、夏商戦を目指す。
7月(夏休み・夏商戦) 夏休みなどで稼働が落ちる。 客足が落ちるので、人気車のキャンペーンなどが稼働。ノアなどの人気車は有利な時期。また、9月の半期決算狙いもOK。
8月(お盆・夏商戦) お盆などで稼働が落ちる。 7月に引き続き夏商戦。9月の半期決算狙いがおすすめ。
9月(半期決算) 半期決算に入り、客足が回復。 半期決算は間に合わない。秋商戦を狙おう。
10月(秋商戦) 年末に向けて稼働維持。 秋商戦。年内納車を目指すならこの時期から動く。
11月(秋商戦) 年末に向けて稼働維持。 こちらも年内納車を目指すが、時間が少ないので短期決戦狙い。
12月(第三四半期・年末) 年末年始があるので稼働低下。 年内納車は無理。1~3月の決算期の準備を。

 

 

1~3月の決算期

 

1~3月は「決算期」となっています。1年を通して一番自動車が売れやすい時期なので、ノアの値引きも取りやすいとされています。

 

ただ、3月から動き始めると、ノアの納車が4月以降になってしまうことがあります。ディーラーの販売実績になるのは「新車登録」のタイミングなので、4月が新車登録となってしまうと決算期の実績になりません。したがって、決算狙いで3月からノアの値引き交渉を始めるのはやや遅いです。

 

なので、決算目当てなら、1~2月から動き始めましょう。最近はディーラー側も前倒しで動き始めるので、初売りころから動いても早すぎることはありません。

 

3月から動く場合は、この後説明する4~6月での契約を目指しましょう。

 

4~6月の第一四半期

 

4~6月は自動車販売業界としては第一四半期となります。なので、ノアの値引きのために四半期末の6月を狙うのは比較的おすすめです。

 

4月は決算直後なので、新車の販売実績は大きく落ち込みます。しかも社員旅行があったり、月末から5月にかけてはGWがあるのでお客さんがかなり少なくなります。そうなるとノアの値引きには向いていないように思えますが、実はお客さんが少ないので、来店するだけで印象を残しやすい時期なのです。

 

5月中盤からは客足も徐々に戻り始めるため、ディーラーの積極性も増してきます。なので、4上旬から月末にかけて、ディーラーに顔を出して印象を残し、5月中盤以降の契約を目指すのも手でしょう。そうすれば、6月の四半期末の恩恵を十分に受けることができます。

 

6月から動く場合は四半期末の契約は難しいので、7月以降の夏商戦を狙いましょう。

 

7~9月の半期決算

 

夏商戦真っ只中の時期。しかも9月は半期決算なので、ディーラーは積極的です。

 

7月~8月は、夏休みとなっていて稼働は落ち気味となります。そのため、ディーラーは人気車のキャンペーンなどを打ち出して稼働アップを目指します。なので、ノアなどの知名度の高い車を狙うのはアリです。
また、8月はお盆があって稼働がガタ落ちするので、ディーラーとしてもお盆までに勝負を決めて、お盆明けの業務を減らしたいと考えています。なので、7~8月にかけては短期決戦が成功しやすい時期でもあります。

 

お盆後から9月は半期決算となるのでディーラーもお客さんでにぎわってきます。その頃に動き始めるとお客さん1人1人の印象が薄れやすいので、お盆前に顔を出して覚えてもらうのもよいでしょう。

 

また、半期決算はホンダが力を入れており、ノアのライバル車「ステップワゴン」の値引きが引き出しやすいです。ノアのライバル車競合を狙っているなら、この時期はおすすめです。

 

10~12月の秋商戦・年末商戦

 

秋商戦の時期となり、夏商戦のにぎわいを引き継ぐ形になります。

 

この時期に注意したいのはノアの「年内納車」についてです。12月から動き始めると年内納車が難しいので、この時期の契約を目指すなら10~11月中には動き始めましょう。

 

年内納車の問題があるため、ディーラーとしても結論を早く出したいと考えています。あれこれいろんな車種を競合させてくるお客さんは「時間がかかりそう」と思われ、敬遠されがちです。逆に言えば、この時期は1年を通じて短期決戦が一番やりやすいです。なので、ノアの同士競合一本に絞ってすばやく勝負を決めるのがおすすめ。せいぜいヴォクシーを絡める程度で、むやみにライバル車競合を持ち出すのは避けたほうがいいでしょう。

 

12月は年内納車は難しいですが、だからといって避ける必要はありません。というのも、1~3月は決算期となり、ノアの値引きが引き出しやすいので、12月から早めに動くと有利になるのです。1月以降はお客さんが押し寄せるので、同じスタートラインだと印象を残すのが難しいです。であれば、12月から動き始めて、1~3月の契約を目指すのは賢い選択でしょう。

 

なお、タイミング次第では12月新車登録、1月納車となるかもしれません。ディーラーが稼働の下がる12月の実績アップを狙って、年内納車ができないときに、12月の新車登録をせかしてくることがあるのです。ただ、そうなると年明けの納車時には1年落ちとなるので、ノアを売るときにちょっと不利になるかもしれません。なので、年明け納車の際は、新車登録も年明けに行うように、注文書に一筆書かせて念を押してください。

 

>目次に戻る<

 

ノアの値引き状況はモデルチェンジで変わる

 

一般的に自動車はフルモデルチェンジがあると値引き事情が一変します。

 

ノアの場合も同様で、2014年のモデルチェンジの際、値引き事情が激変したいきさつがあります。

 

時期 限界値引き額 説明
2013/08~2014/01 約40万円 先代モデル末期
2014/01~05 一律5~10万円引き 現行モデル発売直後
2016~現在 約25~30万円引き -

 

↑の表は、前回のノアのフルモデルチェンジ前後の値引き相場の変化となります。ノアの先代(2代目)は6年近く続いたので、モデル末期は40万円近い大幅値引きが飛び交っていました。しかし、2014年にノアがフルモデルチェンジをしてからしばらくは、一律数万円値引きという厳しい状態に移行しました。ただ、そこから数年が経っているので、現在はある程度値引き額が増してきています。

 

次回のノアのフルモデルチェンジは、おそらく前回が6年程度あったことを考慮すると、2020年ころになるでしょう。したがって、あと数年は次のモデルチェンジはないので、現在の値引き相場がしばらくは続くことになります。多少相場がゆるくなることはあるでしょうが、フルモデルチェンジによる相場変動は考慮しなくてもOKです。

 

現状では、モデルチェンジを考えて交渉の幅を狭めてしまうよりも、きちんと王道のノア値引き交渉術(ノア同士競合、ヴォクシー競合)を進めることを考えたほうがよいでしょう。

 

>目次に戻る<

 

地域別ノア値引き戦略

 

ノアはトヨタの販売チャンネルの中でも「カローラ」専売となっています。ここでは、「カローラ」の特徴や、地域ごとのディーラーの特色について解説します。

 

「カローラ」店の特徴

 

名前の通り、もともと「カローラ」に力を入れている販売チャンネルとなります。そのためどちらかというと大衆向けのディーラーで、小ぶりな店舗が多いです。店舗数も多いため、異資本カローラ同士の競合はしやすいです。

 

地域ごとの特色

 

「カローラならどこに行っても同じでしょ」と思うかもしれませんが、同じカローラでも都市部郊外で若干特色が変わります。

 

都市部のカローラ

人口が多いためディーラーがたくさんあり、なおかつトヨタの別チャンネルディーラー(ネッツなど)や他社ディーラーとの競争が激しいです。そのため、大幅値引きが出やすいというメリットがあります。一方、人口の移り変わりも激しいので、お客さんと長い付き合いをしようと思っておらず、「売って終わり」という印象が強いです。そのため、「他より安ければ買う」というドライな交渉が効果的。ただ、長い付き合いやサポート体勢は薄くなりがちです。

 

郊外のカローラ

郊外にあるため周囲のディーラー数が少なく、競争は少な目。そのため大幅値引きはやや出にくい傾向があります。ただ、1人1人のお客さんを大事にするため、お得意さんになれば優遇してもらえることもあります。なので、世間話などを交えて営業マンと仲良くなるのがノア値引き交渉のポイントとなります。また、いったん仲良くなれば手厚いサポートも期待できます。

 

越境交渉もアリ

 

郊外型の場合、競争が少ないので、ショック療法も効果的です。例えば、県をまたぐ「越境交渉」によって都市部のディーラーまで足を延ばし、郊外のディーラーと相見積もりさせるのです。そうすれば、「うかうかしていたら都市部のディーラーに取られる」と考えて、ノアの値引きを頑張ってくれるかもしれません。

 

都心部のディーラーを狙う場合の戦術

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(名古屋)、京都府、大阪府

 

上記の都市部のディーラーを狙う場合は、ノアの値引き難易度はやや低めです。というのも、異資本カローラがたくさんありますし、ヴォクシーのネッツ、さらにはセレナの日産なども多いです。なので、交渉に使える「弾数」が多いのです。

 

そのため、都心部でのノア値引き交渉では「数うちゃ当たる作戦」がカンタンです。多少ミスしても代わりのディーラーはたくさんあるので、失敗を恐れずに数をこなすのがよいでしょう。

 

地方都市のディーラーを狙う場合の戦術

北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)、兵庫県(神戸市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市)など

 

地方都市も、都心部ほどではないですがある程度のディーラー数が揃っています。ただ、むやみに失敗するとディーラーの「弾数」がなくなって身動きできなくなるかもしれないので、ある程度の慎重さは必要です。ライバル車競合などもうまく使って相見積もりしていくとよいでしょう。

 

郊外型ディーラーと仲良くなっておき、都心部と競合させていく「越境交渉」などをうまく活用して、ノアの値引きを引き出していきましょう。

 

郊外・田舎のディーラーを狙う場合の戦術

上記以外の市町村

 

郊外になってくると、異資本カローラ店がかなり少なくなってきます。なので、ノア同士競合だと1~2度のミスで打つ手がなくなる可能性が高いです。したがって、ヴォクシーのネッツ店、さらにはセレナ(日産)やステップワゴン(ホンダ)との競合もしっかりと絡めていきましょう。

 

また、郊外の場合は越境交渉も必須となってきます。そうしないと競合ディーラーが見つかりにくいからです。

 

郊外の場合はやはり1つ1つのディーラーと対話を重ねて、仲良くなっていくことが大切。そうすれば、1つくらいは「このお客さんはお得意さんになりそう」と考えて、優遇してくれるはずです。あとはよそのディーラーと慎重に競合させて、じっくりノアの値引きを引き出していきましょう。

 

>目次に戻る<

 

ノアの2016年度の値引き事情は?

 

2016年はノアのフルモデルチェンジ予定がないため、値引き事情に大きな変化はありません。

年月 ノア値引き相場(車体価格)
2016年/5月 20~25万円
2016年/6月 20~25万円
2016年/7月 20~25万円
2016年/8月 23~28万円
2016年/9月 23~28万円
2016年/10月 23~28万円
2016年/11月 23~28万円

 

↑の表は2016年のノア値引き相場の移り変わりですが、大きな変化は起きていません。ただ、数万円のゆるみは見られるので、今後もじょじょに値引き相場は緩んでいくでしょう。

 

2017年の動きは?

 

ノアに関しては、2017年度もフルモデルチェンジ予定はありません。なので、2016年の値引き相場を引き継ぐ形になるでしょう。もしマイナーチェンジなどがあればいったん数万円ほど相場が渋くなるかもしれませんが、時間が経つにつれてじょじょに元にもどるはずです。

 

いずれにしても、急激に冷え込むことはないでしょう。

 

>目次に戻る<

 

姉妹サイト ぜひこちらも見てください!

 

加齢臭は頭皮が一番臭い?原因・対策方法まとめ

ノア値引き参考サイト

 

トヨタノア公式サイト