ノアのボディカラー人気ランキングと各色の魅力

ノアの各ボディカラーまとめ

ノアは落ちついたデザインと豊富なシートアレンジなどで人気を集めていますが、おしゃれなボディカラーが揃っている点も注目です。ですが、グレードによっては選択できないカラーがあったりなど、対応状況が違ってくるので混乱している人もいるでしょう。

 

ここでは、ノアのボディカラーについてまとめて、各色の価格や対応状況、そしてノアの人気カラーランキングなどを紹介します。

 

ノアのカラーバリエーション

 

まずはじめに、ノアのカラーバリエーションをおさらいしておきましょう。

 

 

カラー名 画像

ホワイトパールクリスタルシャイン

 

白色

シルバーメタリック

 

シルバー

ブラック

 

ボルドーマイカメタリック

 

紫色

ダークシェリーマイカメタリック

 

茶色

オーシャンミントメタリック

 

水色

ダークバイオレットマイカメタリック

 

紺色

 

以上の全7カラーがノアのボディカラーラインナップです。全体的にシックな色合いとなっていますが、水色や紫など目立つ色もあり、いろいろなドライバーの希望に答える内容となっています。

 

各色の対応状況

 

ノアの場合だと、どのグレードでも好きな色が選べるというわけではありません。ほとんどのカラーは全グレード対応ではありますが、一部グレード限定の色もあるので整理しておきましょう。

 

カラー名

Si

G、X

ホワイトパールクリスタルシャイン

シルバーメタリック

ブラック

ボルドーマイカメタリック

ダークシェリーマイカメタリック

×

オーシャンミントメタリック

×

ダークバイオレットマイカメタリック

×

 

↑を見るとわかるように、

 

ダークシェリーマイカメタリック → 「Si」設定NG
オーシャンミントメタリック → 「Si」設定NG
ダークバイオレットマイカメタリック → 「Si」専用色

 

となっています。つまり、「ダークシェリーマイカメタリック(茶色)」と「オーシャンミントメタリック(水色)」ではエアロ装着はできません。

 

Si“W×B”のボディカラーについて

 

特別仕様車の「Si“W×B”」については、ボディカラーは全4色となっています。

 

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. アイスチタニウムマイカメタリック(※Si“W×B”専用色。薄い灰色)
  3. ブラック
  4. ダークバイオレットマイカメタリック

 

薄い灰色の「アイスチタニウムマイカメタリック」はSi“W×B”専用カラーになっており、ノアの標準車では選択できません。

 

追加料金が必要なノアの各ボディカラー

 

ノアの各ボディカラーの中で、以下の色はメーカーオプション扱いとなり、追加料金が必要となります。

 

ホワイトパールクリスタルシャイン(白色) 32,400円(消費税抜き30,000円)

 

通常、メーカーオプション色は複数ある場合がほとんど(ヴォクシーの場合は2色)なのですが、ノアの場合は1色のみとなっており、良心的な価格設定となっています。

 

ノアの人気カラーランキング

 

ノアのボディカラーをどうするか悩む人もいるでしょう。そんなときは、人気のあるカラーを調べておくといいでしょう。こちらでは、ノアのボディカラー人気ランキングを紹介します。

 

ここで人気のあるカラーを選んでもいいですし、あえて外したカラーを選ぶというのも手です。

 

順位 カラー パーセント
ホワイトパールクリスタルシャイン 30%
ブラック 25%
シルバーメタリック 10%
4位 ダークバイオレットマイカメタリック 8%
5位 アイスチタニウムマイカメタリック 4%

 

ノアでは、基本的には、黒や白、シルバーといったモノクロカラーが人気となっています。ただ一方で、エアロ装備のノア専用色の「ダークバイオレットマイカメタリック」、そして「Si“W×B”」専用色の「アイスチタニウムマイカメタリック」を選ぶ人もおり、5位以内に入ってきています。

 

パーセンテージを見ても、1/3の確率でモノクロ以外の色を選んでいるということなので、思い切って色つきのノアに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

旧型ノアのボディカラー比較

 

 

↑は、旧型ノアのカラーラインナップとなっています。

 

カラーバリエーションが少ない

 

旧型は全体的に似た色が多くなっており、モノクロでない色で言うと金色と水色程度となっています。新型ノアでは茶色や紫など鮮やかな色も用意されているので、最近のカラーリングのトレンドも抑えていることになります。

 

メーカーオプション色については同じ

 

旧型ノアの場合、メーカーオプション追加料金が必要な色はホワイトだけ。これは新型でも同じで、ボディカラーで追加料金を取らないというポリシーは継続していることがわかります。

 

旧型ノアは変わった色合いがあまりなく、選択肢が少ないことがわかります。きれいな色は遠くから見やすいため、駐車場などですぐに自分の愛車を発見するのに役立ちます。そういった意味でも、新型ノアのほうがカラーリングは豊かであると言えるでしょう。