ノアのシートアレンジ、7人乗り&8人乗りの比較

シートアレンジや7人乗り・8人乗りの解説

ノアのシートアレンジの自由度は高く、旧型と比較すれば使い勝手はとてもよくなっています。ただし、「シートアレンジのパターンが多いことにどんな魅力があるかわからない」という方もいらっしゃると思います。

 

また、乗車人数が7人と8人の2つの仕様があり、どちらが自分にとってよい選択となるのか迷われている方も多いと思われます。

 

こちらで、ノアでどのようなシートアレンジができるのか、及び7人乗りと8人乗りの特徴を説明します。

 

ノアのシートアレンジ特徴解説

 

ノアは、7人乗りと8人乗りでシートアレンジに大きな違いがありますので、7人乗りと8人乗りそれぞれのシートアレンジの特徴を説明します。

 

3列目跳ね上げ式は共通

 

ノアのシートアレンジの共通点は、3列目シートが跳ね上げ式になっていることです。3列目シートは一体シートではなく、真ん中で左右に分かれており、それぞれをボディー側に跳ね上げて固定することができます。こうすれば、3列目にフラットな広い空間を作り出せますので、このことが多彩なシートアレンジを可能にしています。

 

7人乗りのシートアレンジについて

 

7人乗りのノアは、前から「2人・2人・3人」乗車できる仕様で、2列目はキャプテンシートになっています。

 

2列目は「超ロングスライド」対応

 

 

2列目シートが810mmもの超ロングスライドをすることが最大の特徴です。3列目シートを跳ね上げておけば、3列目シートがあったところまで2列目シートをスライドさせることができますので、2列目のフットスペースをかなり広くすることが可能です。

 

2列目シートの横スライドもOK

 

 

キャプテンシートになっているノアの2列目シートは、左右に分かれておりシートの間には空間がありウォークスルーが可能ですが、シート付属のスライドバーを動かすことで横スライドが可能になります。横スライドさせることで、離れている2列目シートをくっつけることができますので、2人並んで座ることもできます。状況にあわせて2列目シートを離したりくっつけたりすることができます。

 

ウォークスルーで3列目シートの移動もラクラク

 

先ほど説明したとおり、ノアの2列目シートは自由に離したりくっつけたりできますので、離した状態であれば、シートの間の空間を通り3列目へ簡単に移動ができます。これはウォークスルーといわれる機能です。

 

アレンジモードが9種類もある

 

7人乗りのノアのシートでは、すでに説明したような特徴を活用して9種類ものアレンジモードを利用することができます。

 

スーパーリラックスモード

 

 

3列目シートを左右に跳ね上げ、目一杯2列目シートをスライドさせたモードです。2列目のフットスペースがとても広くなりますのでリラックスして座ることができます。荷物が少ないときの4人での外出などで大活躍するモードとなります。

 

フリーアクセスモード

 

 

ノアの2列目シートを横スライドさせ中央でくっつけることでシートの両端にスペースを空けることができるので、両側のスライドドアから3列目シートへの乗り降りが簡単に行えるモードとなります。

 

だんらんモード

 

 

スーパーリラックスモードとは真逆となり、ノアの運転席&助手席へ2列目シートを近づけたモードとなります。4人で会話を楽しみながらドライブができますし、ラゲッジスペースを広くできますので荷物をたくさん載せることができます。

 

後席トライアングルモード

 

 

ノアの2列目と3列目にお子様を乗せても同時にお世話をしてあげることができるように、キャプテンシートである2列目シートの片側を3列目に近づけたモードとなります。

 

前席ベビーケアモード

 

 

停車した際に、運転席からお子様のお世話ができるように、助手席と2列目の助手席側のシートを前方へスライドさせたモードとなります。

 

ラゲージモード

 

 

ノアの2列目シートに乗車してもたくさん荷物が載せられるように、3列目シートを跳ね上げたモードとなります。

 

ビッグラゲージモード

 

自転車やゴルフバッグのような長さのある荷物でもたくさん載せられるように、ノアの2列目シートを前方へスライドさせ3列目シートを跳ね上げたモードとなります。

 

フロントフラットソファモード

 

仮眠をとりたいときやノアの車内でくつろぎたいときなどに、1列目シートを倒し2列目シートにくっつけたモードとなります。インパネに近いので車内の空調の調整やカーオーディオの操作が容易に行えます。

 

リヤフラットソファモード

 

ノアの車内で寝泊まりするときなどに、2列目シートと3列目シートを倒してフルフラットにするモードとなります。インパネとは少し離れていますので空調などの操作は容易には行えませんがフルフラットにできます。

 

8人乗りで可能なシートアレンジ

 

8人乗りのノアは、前から「2人・3人・3人」乗車できる仕様で、2列目は6:4分割のベンチシートになっています

 

チップアップシートになっている2列目

 

ノアの7人乗りとは2列目シートが違うため、「810㎜もの超ロングスライド」「横スライド」「ウォークスルー」は、8人乗りにはありませんが、580mmのロングスライドは8人乗りの2列目シートでも可能になります。

 

さらに、チップアップシートに2列目のベンチシートはなっていますので、チップアップして前方へスライドさせれば、3列目シートへの乗り降りが容易になりますし、7人乗り同様3列目シートを跳ね上げることはできますので、7人乗りより広いラゲッジスペースを確保することができます。

 

アレンジモードは4種類

 

4種類のアレンジモードが8人乗りのノアでは利用することができます。

 

  1. ラゲージモード
  2. ビッグラゲージモード
  3. フロントフラットソファモード
  4. リヤフラットソファモード

 

この4種類のアレンジモードは7人乗りと同様の特徴ですが、8人乗りは2列目がチップアップシートになっていますので若干広いラゲッジスペースを確保することができます。

 

ノアのグレード別7人乗り・8人乗りの設定

 

7人乗り・8人乗りのシートアレンジの特徴をここまでで説明して参りましたが、すべてのグレードに7人乗り・8人乗りの設定があるわけではないのです。7人乗りの設定しかないグレードがありますので気をつけてください。7人乗り・8人乗りの設定状況をまとめた一覧がこちらです。

 

乗車人数

ノアハイブリッド

ノアガソリンエンジン

7人乗り

8人乗り

×

 

上記の表をご覧いただければ分かりますがノアハイブリッドは7人乗りの設定しかありません。これはモーターを搭載するための構造が影響しているためです。8人乗りを希望されるのであればガソリンエンジンモデルしか選択の余地はありません。

 

ノアの7人乗り・8人乗りの選択方法

 

家族構成や運転手の趣味・趣向によりどちらがよいのかは違いますが、7人乗り・8人乗りそれぞれがどのような方に適しているのかを説明します。

 

まずは7人乗り・8人乗りの特徴を簡単にまとめます。

 

乗車人数 メリット デメリット
7人乗り

・2列目の快適性が高い。
・2~3列目のアクセス性が高い。

・最大乗車人数が少ない。
・8人乗りに比べて若干荷室が狭い。

8人乗り

・最大乗車人数が多い。
・若干荷室が広くできる。

・2列目の快適性が低い。
・2~3列目のアクセス性がない。

 

以上の点をかんがみて、どのような方に7人乗り・8人乗りが適しているのかをここから説明します。

 

7人乗りがおすすめの方

 

幼児や高齢者がご家族にいらっしゃる方

 

ノアの2列目シートは超ロングスライドが可能であり、キャプテンシートなので、ゆっくりと快適に乗ることができます。さらに乗り心地もよいので、幼児や高齢者を乗せる機会が多いのであれば7人乗りがおすすめです。

 

3~4人でノアに乗ることが多い方

 

3~4人で外出する機会が多い方であれば、ゆっくりと快適に乗れる2列目シートの7人乗りがおすすめです。

 

8人乗りがおすすめの方

 

大人数で乗る機会が多い方

 

ノアに乗って大人数で外出する機会が多い方であれば、8人まで乗ることが可能な8人乗りがおすすめです。

 

荷物をたくさん載せる機会が多い方

 

2列目がチップアップシートになっていますので、7人乗りと比較すればより広いラゲッジスペースが確保できる8人乗りがおすすめです。

 

お子様のお世話をするのはどちらが便利?

 

7人乗りであれば、「後席トライアングルモード」にすれば2人のお子様のお世話を同時にすることが可能です。しかし、8人乗りでも2人のお子様のお世話を同時にすることは可能となります。それは2列目ベンチシートの左右両端にチャイルドシートを設置し真ん中に座ればよいのです。

 

ただしスペースに余裕があるのは7人乗りですので、快適にお世話をしてあげられるのは7人乗りとなります。手早く2人同時にお世話をしてあげたいので8人乗りを選択するという考え方もあります。

 

ノアの7人乗りと8人乗りで価格差はどれくらい?

 

7人乗りと8人乗りでは約3万円の価格差があり、高いのは7人乗りです。イメージとしては多く乗ることができる8人乗りが高いと思いますが、シートのメカニズムが複雑である7人乗りの方が高くなっております。

 

つまりノアガソリンエンジンモデルで7人乗りを選択すれば3万円高くなってしまうので、値引きをしてもらうなど購入価格を抑える必要がでてきます。安く購入するための交渉術については↓のページを参考にしてください。

 

>>ノア値引き【確実に成功させる3つの条件】