ノアの特徴・魅力のレビュー!

ハイブリッドの低燃費が魅力のノア

ノアはトヨタのミニバンの中でも代表的な車種になります。姉妹車のヴォクシーやエスクァイアをはじめ、上級ミニバンのアルファードやヴェルファイア等々、トヨタは多くのミニバンを発売していますが、ノアはその中でもトップクラスの売り上げを誇ります。

 

売り上げ好調の理由はなんといってもその優れたデザイン性でしょう。その証拠に、ガソリンとハイブリッドタイプの2種類が選べるにも関わらず、ガソリンタイプの方が売れていることに注目しましょう。エコ志向での購入者が多ければ、当然多く売れるのはハイブリッドですが、ノアの場合は車体価格が安めのガソリンタイプの方の売上が高いのです。つまり、走行性能や燃料コストよりも見た目が重視されているのです。

 

 

パワーユニットは

 

ハイブリッド → 1800ccエンジン+モーター
ガソリンエンジン → 2000ccエンジン

 

になっています。

 

 

低床下により車内スペース確保

 

デザイン面の他にも、車内スペースが広く大きくなって快適になっている点にも注目です。先代ノアに比べると約90mmも床が低くなっているため、車内高を高く感じます。シートレイアウトも多彩となっています、7人乗りタイプであれば2列目を80センチスライドさせることで広大な足元の空間を作り出す以外にも、左右シートを密着・離脱させることでさまざまなアレンジを行うことが可能となっています。8人乗りの場合は多少レイアウトは限定されますが、2列目を前に動かして荷室を広くしたりなどのアレンジが可能です。

 

また、ミニバンと聞いてしまうとどうしても3列目が狭いような感じがしてしまいますが、ノアの場合でしたら全長が伸びているますので、3列目でも快適に過ごすことができます。家族で旅行に行く場合や、帰省などで長距離移動をする場合でも、ストレスを感じることなく過ごすことができます。

 

ノアの値引き事情は?

 

モデルチェンジから少し時間が経っていますので、ひところのような「納車まで何カ月も待たされる」というような状況にはありません。ですが、普通でしたら値引きが徐々に拡大していくところなのですが、売れ行き好調な状態で推移しているためトヨタも強気の販売戦略をとっている状況です。

 

値引きを拡大する秘訣はトヨタ同士の競合にあります。具体的に言えばノア同士の競合、そしてヴォクシーとの相見積もりです。足を使っていろいろなディーラーをまわり、確実に交渉を重ねていくことが値引き成功のカギとなることでしょう。

 

ノア主要緒元表

 

全長×全幅×全高 4,695×1,695×1,825mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,570kg
総排気量 1.797cc(ハイブリッド)
エンジン最高出力[kW(PS)/rpm] 73(99)/5,200(ハイブリッド)
エンジン最大トルク[N・m/rpm] 14.5kgf・m/4,000rpm(ハイブリッド)
ミッション CVT など
JC08モード燃費 23.8㎞/L(ハイブリッド)
定員 7人~8人
税込価格 2,996,509円