ノアのライバル車種比較|対抗車について知ろう

ノアのライバルを知っておくことで値引きもスムースに

ノアはミニバン車種ですのでライバル車種も少なくありません。各社ともミニバンには力を注いており、売り上げの大きなノアを倒すためにたくさんのライバル車種の投入を行っています。

 

ノアの主なライバルには以下の様なものがあります。

 

セレナ(日産) 概要
 

日産の人気ミニバン車種。かつてはノア/ヴォクシーやステップワゴンと人気を分け合っていたが、ハイブリッド化に出遅れたため人気は低迷。しかしその後ハイブリッド化を行い、自動ブレーキなどの先進技術をとりいれたことによって人気も回復。

 

人気グレード:ハイウェイスターVセレクション+SafetyII(272万円)

ステップワゴン(ホンダ) 概要
 

セレナと同じく、ハイブリッド化に出遅れたために売れ行きが落ちる。しかしモデルチェンジにより縦にも横にも開くテールゲート「わくわくゲート」を採用し人気が再燃。ハイブリッドにも期待がもたれている。

 

人気グレード:G(248万円)

ビアンテ(マツダ) 概要
 

最近活躍著しいマツダの車ながら、ノアやセレナ、ステップワゴンなどに押されて大苦戦している。しかし逆に売れ行きが弱い分値引き幅が非常に大きいため、格安でミニバンを購入したい人には人気が高い。

 

人気グレード:グランツ スカイアクティブ(267万円)

 

オデッセイやフリードはライバルでは無いの?

 

同じミニバンであるオデッセイやフリードも人気車種なのですけれど、ノアのライバルというわけではありません。

 

まず前提としてオデッセイの価格帯はノアよりワンランク上になりますので、ノアよりはアルファードやヴェルファイアのライバル車種と言っていいでしょう。ですから値引き交渉の際にオデッセイを持ち出すのは避けましょう、ひょっとしたら商談がこじれることもあるかもしれません。

 

次はフリードです。今度は逆にサイズが小さいため価格も安く、ノアとの相見積もりには向いていません。シエンタを購入するのであれば、その際には強力なライバルになることは間違いありません。

 

ノアとライバル車種を比較しましょう

 

ノアのライバルについての知識を得たいということは、すなわち

 

・ノアを買うかどうかの判断材料が欲しい
・ノアの値引きをするために有利になるような情報がほしい

 

このどちらかということになると思います。ですから、ライバルについての情報を取得し、ノアの値引き交渉を有利に進め、それでも他の魅力的なライバル車種に目移りするようであるならば、そちらの車種の購入を考える、というスタンスがいいでしょう。

 

ノアの値引きはまずトヨタ同士の競合から始まりますが、商談が上手く進まないときにライバル車種との相見積もりを活用しましょう。

 

ですが、ライバル車種の情報を何も知らないまま適当に話をしても、その道のプロである営業マンには簡単に見破られてします。なので、きちんとライバル車種の情報を事前調査しておいて、どんなときもすぐに受け答えできるようにしておきましょう。

 

こちらでは、ノアを値引きする際の交渉材料という点をに着目してライバル車種についての解説を進めていきます。

 

セレナ

・視界が開けている
・価格帯はノアと同じ
・自動ブレーキ機能

ステップワゴン

・わくわくゲートが便利
・価格帯はノアと同じ
・燃費性能はノアより少し上回る

ビアンテ

・とにかく値引き額が大きい
・価格帯はノアと同じ
・燃費性能が低い

 

↑は各ライバル車種の特徴になります。値引き交渉をすすめる上での役に立つプラス要素が赤文字、逆にここは言わないほうがいい、というマイナスの要素は青文字となっています。

 

セレナの場合

 

セレナはノアと価格も装備も割と似ていますので、値引き交渉をするときに特筆すべきアピールポイントが多くないのが特徴です。しいてあげるとすれば、ウィンドーの形に工夫がされていて360度視界が開けている点は大きなポイントです。

 

ですから、ノアの値引き交渉をする時にアピールすべきポイントは「セレナを試乗してみたら、視界が開けていたから運転しやすい。なので迷っている」などと言えば「試乗までしてるのか」と相手も警戒し値引きを引き出しやすくなるでしょう。

 

逆に言ってはいけないNGワードは自動ブレーキです。日産といえば自動ブレーキですが、ノアにも自動ブレーキはあります。なので自動ブレーキでアピールしても、「ノアにもついてますよ」と言われてしまい、商談はうまくいかないかもしれません。

 

ステップワゴンの場合

 

ステップワゴンもノアとよく似ていますので、アピールはなかなか難しい物があります。ステップワゴンのモデルチェンジにより「わくわくゲート」が採用されたので、「あのわくわくゲート、すごい便利だね。ステップワゴンもいいなあ」といって攻めるといいでしょう。

 

NGワードは燃費に関してです。確かにガソリンタイプのノアと比べれば若干燃費性能は高いとはいえますが、その差はたったの1km/リットルしかありません。その点ばかり執拗に攻めてしまっては、「かなりケチな人だな。頑張って値引きしても、満足してくれないんじゃないのかな」と思われてしまうリスクがあります。

 

ビアンテの場合

 

ビアンテはそもそもあまり人気のない車種なので、ビアンテとノアを相見積もりしようとする人自体が多くありません。なので競合させたところで営業マンの反応はよくないでしょう。

 

そこをあえて狙うポイントとして、ビアンテは数十万円の超大幅値引きが取れることがありますので、「ビアンテがすごい値引きしてもらえそう。ノアでも頑張ってもらえれば契約を考えるんだけど…」というようなアピールが効いてくるでしょう。そのためには、前もって必ずビアンテの見積もりを取って交渉を進めておかなければなりません。

 

「ビアンテは燃費がよくない」はNGワードです。交渉中にわざわざ言わないとは思いますが、仮にもしも口をすべらせてしまえば「うちのノアの方が燃費がいいですよ!」と相手に主導権を与えてしまうことでしょう。